ノートPCでDTM・DAWをする際の失敗しないハードディスクの選び方

ノートパソコンの内蔵HDDに必要なスペックとは?

DTM・DAW用ノートパソコン内蔵ハードディスク(HDD)に必要なスペックとは?


 

内蔵HDDに必要なスペックとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

前項では「HDD購入前に見るべきスペック」についてご覧いただきましたが、ハードディスクには元々ノートパソコンに標準搭載されている内蔵用と、接続端子を使って接続する外付け用のハードディスクがあります。役割分担として、基本的にはアクセス頻度の高いものを内蔵HDD、アクセス頻度の少ないものを外付けHDDに割り当てます。

では次に、前項までのおさらいとしてハードディスクの役割についてもう一度見ておきましょう。
DTM・DAWではハードディスクに対して下記の4つの役割を必要とします。

  1. OSのアクセス
  2. 楽曲制作時のアクセス
  3. 楽曲データ保管時のアクセス
  4. 楽曲データ保管用バックアップ時のアクセス

そして、これらの役割をノートパソコン本体の内蔵ハードディスク1台に負担させるのではなく、4台のハードディスクを用い、1台それぞれに1つの役割を分担させ、ハードディスクの負担を緩和し、リスクを分散させると本サイトではご紹介しました。

 

そこで今回からは、その1つ1つの役割に対して、求められるスペックとはどのようなものがあるのか?について見ていきます。

まずは内蔵用として主に用いられる、OS用、楽曲制作用の2つのハードディスクに注目してみましょう。

内蔵ハードディスクの必要なスペック

OS用のハードディスク

内蔵 必要回転数:7200rpm 必要容量:250GB程度

*予算の都合に合わせてSSD(Solid State Drive)に変更してもよい

楽曲制作用ハードディスク

内蔵 必要回転数:7200rpm 必要容量:100GB程度

*予算の都合に合わせてSSD(Solid State Drive)に変更してもよい

OS用・楽曲制作用内蔵ハードディスク

 

回転数

この2つのハードディスクには最もアクセスが集中しますので、データ処理を円滑にさせる為にも7200rpmは必須です。また、SSDの導入もお勧めです。

SSD(Solid State Drive)とは
ハードディスクに代わる記憶媒体で、読み込み速度が速く、故障にも強いというメリットがあり、DTM・DAWユーザーの間で次世代記憶媒体として多くの注目を集めています。

もう少し解りやすく知りたい! 当サイト用語集 >> SSDとは

OS用・楽曲制作用ともにSSDにすれば、静音効果とノートパソコンのバッテリー消費の軽減になります。また静かですので、シビアなレコーディングやサンプリングなどにも対応できるようになります。

 

容量

標準で装備されている容量は大抵の場合500GBくらいだと思います。上記の表に記してあるのはDTM・DAWで使用する為の容量です。

 

この2つのハードディスクは、保存し楽曲データを蓄積させていくといった役割ではないので、多くの容量を必要としません。最小限にとどめておいて良いでしょう。今後、ソフトウェア音源、ソフトサンプラーやアンプシミュレーターなどのプラグインを積極的にノートパソコンにインストールしていくという予定があれば、OS用のハードディスクには上記で記している250GBの倍、500GBくらいのゆとりは欲しいですね。

 

DTM・DAWにおけるハードディスク

今回は内蔵ハードディスクという事で、特徴としては容量がそんなに必要がないという点です。また、BTOパソコンなどではノートパソコン本体に物理的に2基のハードディスク、またはSSDを搭載する事が可能ですが、Mac等メーカーで購入する場合は2基の搭載は不可能です。(Windowsでも不可能なものもありますが、IBMなどはメーカーでも搭載可能なようです)この場合、パーティションで区切って仮想的に2つのハードディスクとして取り扱うようにしましょう。

 

他に方法としてFirewire(ファイヤーワイヤー)800ポートを搭載した外付けハードディスクか、eSATAポートを搭載した外付けハードディスクでも楽曲制作用としては問題ありません。ノートパソコンの接続ポートに空きがあれば行ってみてください。

 

メリット・デメリットで言えばどちらも一長一短

OS用のハードディスクとは物理的に異なる外付けハードディスクを、楽曲制作用に割りあてると、確かにハードディスクへの負担は軽減されますが、外出先に持ち運ぶ度にハードディスクも一緒に持ち運ぶことになります。DVD-Rに落としても良いですが、いずれにしても一手間かかります。
逆にパーティションを区切る方法は、持ち運びは容易になりますが、仮想的に、つまり見かけ上ハードディスクを2つにするだけですので、物理的なハードディスクへの負担は変わりません。それでもパーティションを区切った方が良いというのは、理由としては細かいものが沢山ありますが、大きなものにOSがデータクラッシュした場合に楽曲データを守れる事にあります。

 

このように、「こちらが立てばあちらが立たず」なので、ノートパソコンでDTM・DAWを行う場合はどのように使うのかを考慮に入れる必要があります。スタジオやライブハウスなどに頻繁に持ち運ぶ事がないのであれば、制作用は外付けの方が良いですし、頻繁に持ち運ぶがハードディスクに負担をかけるのは嫌だという場合は、少し重いですがハードディスクも一緒に持ち運ぶのもありでしょう。

 

次項は外付けハードディスクについてです。

 

次項「外付けハードディスク(HDD)に必要スペックとは?」へ進む

 

前項「DTM・DAW用ハードディスク購入前に必ず見ておきたい3つのスペック」に戻る

スポンサー広告



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ホーム RSS購読 サイトマップ
DAW用BTO比較 制作用HDDランキング 最新おすすめHDD STORE お問い合わせ