ノートPCでDTM・DAWをする際の失敗しないハードディスクの選び方

用途別に使い分ける!?

DTM・DAW用ハードディスク(HDD)は用途別に使い分ける!?


 

HDDは用途別に使い分けよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

前項「ハードディスクの過酷な状況について」ではDTM・DAWがどれだけハードディスクに過酷な稼働を強いているかについて述べました。本項では解決策として、ハードディスクに対する負荷をどのように軽減させればよいかについてご紹介していきたいと思います。
では早速ですが結論から述べます。
ハードディスクは

DTM・DAWで必要な役割の数だけ用意
するという事です。
では、何台必要になってくるでしょう?

ハードディスクをそれぞれの役割に分けてみる

 

OS用のハードディスク・1

Windows7やXP、vista、MacOSXなどのオペレーティングシステムやDTM・DAWソフトがインストールされているハードディスクです。OSの更新をした際のトラブルや何らかの理由でOS、またはDTM・DAWソフトがクラッシュした場合に、OS、またはDTM・DAWソフトのみを再インストールする事で楽曲データを守れます。

 

楽曲制作用ハードディスク・2

現在、制作中の楽曲を保管します。制作もこのハードディスクで行います。制作専用のハードディスクです。

 

楽曲データ保存用ハードディスク3

ここは、制作が終わった楽曲データの保管、または中断している楽曲のデータのコピーを保管します。このハードディスクでは制作は行いません。再度制作を始める場合は上記の「楽曲制作用ハードディスク」に移動させてからそこで行います。楽曲の保管のみを行うハードディスクです。iTunesの曲データなどもこのハードディスクに保存すると良いでしょう。

 

楽曲データ保存用バックアップハードディスク・4

3のハードディスクのバックアップを定期的に行うためのハードディスクです。最近のMacでは1時間置きの間隔で自動的にバックアップしてくれるTime Machine(タイムマシーン)やワイアレスでバックアップをしてくれるTime Capsule(タイムカプセル)などがあります。それらにこのハードディスクを使います。ある特定のデータだけを1時間前に戻すことも可能です。

 

以上の計4台です。

1はノートパソコンに内蔵されているハードディスクとして、他は外付けになります。
なお、BTOパソコンですと、ノートパソコン本体に2つの内蔵ハードディスクを装備できるものもありますので、1と2をそれぞれ割り当てて、残りの3と4を外付けハードディスクで対応する事になります。

 

また、これだけではデータのバックアップに不安があるという場合は、「完全に完成した曲」、「ある程度完成していて当分携わらない楽曲」などをDVD-RやBlu-rayディスクに保存して保管しておくのも良いでしょう。

 

4台のハードディスクにそれぞれ役割を分担・管理させる

 

このように、1のハードディスクだけで全てを負担するのではなく、4台に分けて負担を和らげることが、データ保護の観点から1番望ましく思います。

データクラッシュの場合は復旧専門の業者に依頼すれば手立てはありますが、ハードウェアクラッシュに見舞われると専門の業者でも復旧が困難な場合もあります。

 

復旧できたとしても高額になります。いずれにしても手痛い出費には違いありません。クラッシュは予測不可能な分、慎重に慎重を重ねて対処しなければなりません。

 

バックアップに一切不安がなく、クラッシュも無い100%安心という環境はありません。

どんなにお金をかけて完璧にデータ保護対策を行っても突発的な事が起こればデータを失う時は失います。自然災害に見舞われた場合など特にそうです。

 

ですが、だからと言って無法地状態にさらすわけにもいきません。
確かにハードディスクは安い買い物ではありませんが、データ保護の確率は上げる事が出来ます。

 

バンドやユニットなど他人と活動を共有している場合などは特に慎重に考慮しなければなりません。せっかく、データの管理を任せて貰っているのですから、
例えデータが消えてしまっても、
「消えてしまったのなら、よほどの事だったんだな」
と納得して貰える様な、信頼を損ねない制作環境の構築をしておきたいですよね。

 

次項「DTM・DAW用ハードディスク購入前に必ず見ておきたい3つのスペック」へ進む

 

前項「ハードディスクは永続的なものではなく消耗品」に戻る

スポンサー広告



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ホーム RSS購読 サイトマップ
DAW用BTO比較 制作用HDDランキング 最新おすすめHDD STORE お問い合わせ