ノートPCでDTM・DAWをする際の失敗しないハードディスクの選び方

まえがき

まえがき


 

まえがき

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ハードディスク(HDD)は乾電池のように寿命があるというのはご存知でしょうか?永続的ではないのです。
特に、DTM・DAWで使用するハードディスクはオーディオデータを録音する事でデータを書き込み続け、再生する事で読み込み続け、常に過酷な条件下で稼働し続けています。

ノートパソコンは買った!DTM・DAWソフトも買った!オーディオインターフェースも買った!
次はハードディスク!
「容量が少ないとすぐ買い足さないとダメだし。。とりあえず大容量で長く使えた方が良い!」
その前に!!!!
もう少し待ってください!

 

例えば4TBくらいのハードディスクを買って、今から毎日DTM・DAWでコツコツ曲を書き溜めていったとします。

3年後までそのハードディスクの寿命は続くでしょうか?

 

不思議なもので、ハードディスクの故障、つまりクラッシュは、

 

ハードディスク,ノートパソコン,ノートPC,HDD,DTM,DAW,作曲,スペック,転送速度,SSD,USB,Firewire最もクラッシュして欲しくないタイミングでクラッシュします。

 

そうなると、残りの余っていた容量が完全に無駄になってしまうわけです。

 

皆さんは曲の制作途中でSAVEをしようかと思っていた矢先にフリーズした経験はありませんか?それと同じです。

 

そうならない為に、購入前に一通りこのサイトに目を通して頂き、反面教師としてでも結構ですので、一つの導入の指針として頂ければ幸いです。

スポンサー広告



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ホーム RSS購読 サイトマップ
DAW用BTO比較 制作用HDDランキング 最新おすすめHDD STORE お問い合わせ