KOMPLETE 8をインストールするならツインSSDにするべきか、SSDとHDDにするべきか?

KOMPLETE 8をインストールするならツインSSDにするべきか?

KOMPLETE 8をインストールするならツインSSDにするべきか?


 

KOMPLETE 8をインストールするならツインドライブをどう振り分ける?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

KOMPLETE 8

BTOノートパソコンでのDTM・DAWにソフトウェア音源としてKOMPLETE 8を導入する場合のツインドライブの内訳(ツインSSDにするか、SSDとHDDにするか)について考えてみましょう。

 

まずはじめにチェックしておかなければならないのは、必要空き容量です。(KOMPLETE 8の詳しいスペックはこちら)KOMPLETE 8には非圧縮のライブラリーデータとして110GBのライブラリー(圧縮で85GB)が同梱されています。という事は、SSD、HDDいずれにしても最低110GB必要という事になります。

 

では次に、どのような選択肢があるのかを見ていきましょう。


KOMPLETE 8をインストールした場合にDTM・DAWに必要なドライブ数

KOMPLETE 8をインストールした場合にDTM・DAWに必要なドライブには

  • OS用ドライブ
  • DTM・DAWソフト用ドライブ
  • ソフトウェア音源のライブラリー用ドライブ(KOMPLETE 8のライブラリー)
  • オーディオデータ用ドライブ
  • オーディオデータ用バックアップドライブ

 

の5つが最低でも挙げられ、次の方法が考えられます。

予算に余裕があるゆとりのツインSSDの選択★

ハードディスク,ノートパソコン,ノートPC,HDD,DTM,DAW,作曲,スペック,転送速度,SSD,USB,Firewire

SSD1(200GB前後) SSD2(200GB前後) eSATA等外付けドライブ
  • OS
  • DTM・DAWソフト
  • ソフト音源ライブラリー
  • オーディオデータ

*オーディオデータ用バックアップドライブはUSB外付けハードディスクなどに割り当てます。

 

 

BTOカスタマイズに関するワンポイントハードディスク,ノートパソコン,ノートPC,HDD,DTM,DAW,作曲,スペック,転送速度,SSD,USB,Firewire

やはり重要なのはアクセス頻度の高いソフト音源用ライブラリーに割り当てるドライブで、このSSDは最優先ですね。その次にOSとDAWソフト用のドライブという事になります。この場合、ツインSSDとなるので、読み書きの速度、静音性、ノートパソコンのバッテリー駆動時間の全てがゆとりあるものになります。DTM・DAWソフトの起動もとても快適で、ノートパソコンの起動も早いです。本格志向として場所を選ばずオールラウンドに活用したい方にオススメです。尚、容量についてはギリギリではなく、240GBずつと、ある程度のゆとりを持った方がSSDの稼働が安定するでしょう。今後さらにソフトウェア音源を導入しライブラリーを増やす予定がある場合はSSD2側のドライブを500GBくらいに設定しておいても良いかもしれません。(⇒条件にマッチするBTOパソコン詳細)


 

予算を少し押さえた局地型BTOカスタマイズ

制作中です....
しばらくお待ちください。

スポンサー広告



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ホーム RSS購読 サイトマップ
DAW用BTO比較 制作用HDDランキング 最新おすすめHDD STORE お問い合わせ