ノートPCでDTM・DAWをする際の失敗しないハードディスクの選び方

SSD導入はノートパソコンにとっての騒音対策

SSD導入はノートパソコンにとっての騒音対策


 

ノートPCの天敵はHDDの騒音

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

ノートパソコンでDTM・DAWをしようとする際、最も懸念され、モバイルDAW導入を躊躇させる要因として、今まではハードディスクドライブの騒音、つまりディスクの回転騒音が不安、または音楽制作として実用的ではないとされてきました。

 

ノートパソコンの場合その構造上、キーボードの真下にハードディスクがある為、常に妥協出来うる範囲を超えてハードディスクの回転音が響いてきます。マイク録音の際など、ダイナミクスに大きな影響を与える事は言うまでもありません。

 

当サイトが強くSSDをおススメする理由として、アクセスが速い事の他に、騒音対策にもなるという点です。

SSDで騒音対策をするならやはりツインSSD!?

予算の都合もありますので、強引におススメはいたしませんが、やはりツインSSDが望ましい事は確かです。少し主観的ではありますが、私個人のハードウェアやソフトウェア等の買い物をするマインドの基準としては、投資する時は一気に投資する。と言うのをモットーにしています。

 

これは、後で買い足すとなると手間暇もかかりますし、何より、結局同じ金額、またはそれ以上のお金を払って、制作環境を整えなおすのであれば、買い足すまでの何かと環境に我慢してきた時間そのものが全て無駄になってしまう事を恐れての考えです。

 

また、大金を叩いて導入したのに、さらに追加投資となるとメンタルにも少なからず影響がありストレスの原因にもなります。

 

ですから、私の場合は、使う時は一気に使う!使わない時は自分の環境が最強だと信じて一切使わない!もちろん追加投資もしない!

 

これが私の音楽機材購入のマインドです。ですが、これが正しいとも思いません。人ぞれぞれに合った買い物の方法があると思いますので、反面教師としてでも大いに結構ですのでご参考頂ければと思います。

スポンサー広告




ホーム RSS購読 サイトマップ
DAW用BTO比較 制作用HDDランキング 最新おすすめHDD STORE お問い合わせ